アラフィフ 基礎化粧品

アラフィフのための美肌知識記事一覧

【玉ねぎの美容効果について】・血液サラサラ、血糖値の上昇を抑制「硫黄プロピル」ピリっとした玉ねぎの刺激成分で、特に切りたての玉ねぎに多く含まれています。血中に含まれる糖の代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制するため、中性脂肪対策に最適。また、毛細血管を広げ、血液の流れをスムーズにするので冷え性やむくみ改善、代謝アップ効果が期待できます。・疲労回復・不眠症解消「アリシン」疲労回復成分と呼ばれるビタミンB...

引越しや、年越し、長寿祝いにご近所づきあいなどなど、あらゆるシーンで大活躍の蕎麦。古くから日本人の食文化を支えている食べ物といっても過言ではありませんね。炭水化物の中では、断トツの低GI食品としても注目され、ダイエットアイテムとしても人気です。美味しくて、ダイエットにも最適な蕎麦には、次のような美容効果があります。蕎麦の美容効果について・ルチンポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用を持ちます。さ...

肌をボロボロにする酸化は、紫外線の影響ばかりではありません。加齢や不規則な生活習慣、間違ったスキンケアなど、実に多くの要因が酸化を引き起こし、肌の老化を進行させています。そのため、あらゆる角度から酸化に対応できるスキンケアが必要です。そこで、話題の「抗酸化」物質「セサミン」の登場です。セサミンって?ゴマに含まれ、強い抗酸化作用を持つことで注目。ビタミンEとの相性が抜群で、さらに肝臓内に到達する力に...

白ワインの美容効果とは■デトックスダイエットに優れた「カリウム」白ワインの最大の美容効果は、デトックスによるダイエット効果です。ミネラル成分カリウムは、体内に蓄積した不要なナトリウムを排出し、血液の流れを促進。それによって、血糖値の上昇を抑制し、脂肪燃焼効果をアップ。さらに、ミネラル成分マグネシウムが、ダイエット時のイライラを抑制し、スムーズなダイエットをサポートします。■便秘解消抜群の「有機酸」...

白湯(さゆ)って何?白湯とは、50度前後に温めた湯のことを言います。え?単なる熱い水でしょ!と驚く方も多いでしょう。しかし、「50度前後の湯」という所が最大のポイントなんです。では、具体的な白湯(さゆ)の美容効果を紹介します。白湯(さゆ)の美容効果■痩せやすい体質を作る!白湯を飲むことで内臓を温め、体温が1度上昇します。体温が1度上がると基礎代謝が10から12%アップし、痩せ易い体質へと改善できま...

ドライサウナにミストサウナ、スチームサウナに低温サウナ、など今はいろいろな種類が誕生し、目的に合わせて利用しやすいのが特徴です。また会社帰りに気軽に利用できる施設も誕生するなど、以前と比べて若い女性にも人気が高くなっています。老若男女に人気のサウナですが、新陳代謝を活発にし、美肌、ダイエット、デトックスなどさまな美容効果が期待できます。では、具体的にどのような美容効果があるか紹介しましょう。サウナ...

ココアの美容効果■カカオポリフェノールココアなどに含まれるカカオポリフェノールの最大の特徴は、抗酸化作用です。ニキビ、シミ、くすみにたるみなど肌トラブルの原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジングに大活躍する成分です。カカオポリフェノールを安定してとり続けることで、紫外線などのダメージから肌を回復する作用が高く、年齢問わず、美肌、美白が維持しやすいことでも注目されています。その他、カカオポリフェ...

最近歩いたことがない!バスや電車、車での移動がほとんど!という方は、歩く機会が少なく、運動不足を感じていませんか?運動不足は、肥満だけでなく、足腰の力を衰えさせるだけでなく、実は美肌、美髪維持にもものぐそく悪い影響を与えることが分かっています。一方、運動が苦手な人でもすぐにスタートできるウォーキングは、ダイエット効果だけでなく、美肌、美スタイル、美髪などさまざまな美容効果があることで注目されていま...

注目すべき黒酢の成分は、「アミノ酸」と「酢酸」です。【黒酢の「アミノ酸」と「酢酸」の効果】・アミノ酸BCAAと呼ばれる筋肉のたんぱく質を構成するバリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる重要な3つのアミノ酸を含有。これらのアミノ酸は、質の高い筋肉を作り、疲労物質乳酸を分解して、ダイエット効果が高いことでも有名です。さらに、天然保湿成分プロリ含有され、肌に一定の潤いを与えるので、乾燥による肌のシワ、ハ...

明日やめよう・・・。これが最後の1本・・・。そんな風に自分と日々戦っている方は多いと思います。でもね。やめられない日が明日、あさって、1ヶ月と長引くほど、あなたの肌は、ものすごく危険な状態へと突き進んでいるのです。大好きなタバコが吸えるなら美容なんて、ぜんぜんかまわないと覚悟があるなら別ですが、いつまでも若く女性らしくあり続けたい、と思うなら、今すぐ禁煙をすべきですよ。【タバコがもたらす悪影響】・...

年齢に限らず、常に「笑顔」の人って、なんだかすごく「美人」に見えませんか?それだけでなく、性格や人格まで「綺麗」に見えてしまうことってありますよね。「笑顔」には、その人そのものを美しくするだけでなく、周囲の人間までも魅了する力があります。そんな笑顔に隠されている美容効果ややり方などをまとめてみました。笑顔がもたらす美容効果って?およそ30種類ほどの筋肉で支えらる顔の表情は、筋肉の衰えとともに乏しく...

オリーブオイルの美容効って?美容効果がすごい!と評判のオリーブオイル美容が、人気の理由は以下のとおりです。■抗酸化作用の高い「オレイン酸」が豊富!良質なオリーブオイルの6割から7割を「オレイン酸」が占めています。オレイン酸とは、脂肪酸の一つで、酸化しにくく、活性酸素と結びついて作られる過酸化脂質の発生を予防します。過酸化脂質とは、細胞を錆びつかせ、老化の進行を促進する美容の大敵です。■肌への親和性...

女性に人気の食材アボガドは、メキシコを原産とし、主に熱帯、亜熱帯で生育します。不飽和脂肪酸を豊富に含むことからも「フルーツバター」や「森のバター」と呼ばれることもあります。アボガドの美容効果って?・血液サラサラ効果果実のほとんどが善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸で構成されるアボガドは、血液中の悪玉コレステロールを下げる働きがあります。そのため脂質異常や動脈硬化、さらに冷え性や脂肪燃焼効果がアップする...

酒粕ってなんだ!?酒粕(さけかす)とは、日本酒を造るときに出る残りかすです。しか〜し、残り”かす”とはいえ、ただの”かす”じゃないんです。そんじゃそこらの美容液や化粧水、サプリメントに匹敵するほどの美容成分がその”かす”含まれている、とある専門家が評価するほど高い美容効果で注目されています。気になる美容成分とは・葉酸・ビタミンB1、B2、B5、B6・亜鉛・マグネシウム・乳酸菌、酵母菌・アミノ酸・た...

大豆を原料とする豆乳には、以下のような成分が含まれています。・大豆イソフラボン女性ホルモンエストロゲンととてもよく似た化学構造を持つ成分で、女性特有のトラブル対策に最適。特にエストロゲンの減少が著しい30代以降に目立つ、冷え性、肩こり、更年期障害、肌のシワ、たるみやくすみ、肥満、イライラ、骨粗しょう症などの予防、改善に注目されています。・レシチン血管壁にこびりついたコレステロールや血液の中性脂肪を...

すごく優しい味わいが人気のマッコリは、どちらかと言うと日本の「甘酒」に似ていますよね。蒸した米に麹と水を加え、発酵し濾しただけのマッコリには、なんと、びっくりするほどの美容成分が含まれていたんです。マッコリに含まれる美容成分■ガンの発生を抑制する成分「スクアレン」まず、有名なのが、抗がん作用を持つ成分「スクアレン」や「ファルネソール」わずかな量でも、がん細胞をやっつける作用を持つこれらの成分がマッ...

手軽に美容に活用できるとして人気のお茶ですが、とても種類が多く、それぞれに美容効果が異なります。以下に種類別の美容効果を紹介しますので、参考にして下さいね!1・緑茶(日本茶)緑茶といえば、ビタミンC。しかも、緑茶に含まれるビタミンは熱に強く80度の湯でも壊れない優れもの。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、メラニン色素の合成を抑制するので、美白作用に最適。またカロテンが豊富で、粘膜細胞を強く丈夫に...

ひょっとしてあなたは今、顔だけ真っ白なおばさんになっていませんか?若いころは綺麗だったのに加齢とともにスキンケアを手抜きしてそれを隠すためにファンデーションの厚塗り、、、5年前までの私の事です(汗)ほうれい線やシワ、頬のたるみにくすみ、シミやニキビ跡・・・。これらの肌トラブルが一つでも消す事ができれば、どれだけ幸せか。そこで手放せないのが、ファンデーションです。ひと塗りで、肌トラブルを素早く隠して...

ニコっと笑ったときに出来る口元のほうれい線・・・。なんか年齢よりも老けたように見えて、すごく嫌いって方多いですよね。その線が日に日に深く、はっきりとしてきた、と感じる方は、今のうちになんとかしなければ、実年齢よりもさらに5歳も10歳も老けて見られますよ。口元のほうれい線が怖いのは、将来的に、アゴの辺りまで線を延ばし「マリオネットライン」や「ブルドック顔」などと呼ばれる世にも恐ろしい老け顔を作ってし...

30代後半からなんだか季節の変わり目に肌トラブルがひどい、些細な事で、肌に赤みやかゆみが発生する、化粧品が滲みて痛い、など深刻な肌トラブルに悩まされているなら、バリア機能の低下が心配ですね。バリア機能は、肌をあらゆる外的要因から守ったり、肌内部の水分量をキープするのに、とても重要な役割を担っています。そのため、バリア機能の低下は、肌老化を進行させ、しみやシワ、ほうれい線などの肌老化を早めてしまうの...

疲れているの?疲れ顔だね!と指摘されて、ハッとした経験ありませんか?本当に疲れいてるならまだしも、スキンケアもしっかりメイクもしているのに、そんな風に言われたら、すごくショックですよね。だけどそれって、肌のくすみやしみ、たるみが原因かもしれませんよ。このままだと疲れ顔がいつしか、老け顔になる危険性も高いので、今のうちになんとかしましょう。ここでは、疲れ顔だと指摘されるいくつかの原因をピックアップし...

目元、口元にできる小じわって、本当に嫌ですよね。鏡で小じわを見つけるたびに、「わたしも歳とったな〜」って、ため息ばかりの毎日です。そんな風に感じている方って、多いですよね。小じわは、見た目年齢をグッと引き上げる大変危険な肌トラブルで、ほうれい線にいたっては、5歳以上も実年齢にプラスされます。ここでは、乾燥肌のせいで小じわが目立つ、という悩みを抱えている方に最適なスキンケアの方法を紹介しますので、参...

以下の4つの方法で、あなたもきっと美肌美人になれますよ。本気で肌を綺麗にしたいなら、諦めず、努力あるのみです。その1・洗顔スキンケアの基本、それは、洗顔です。高級で有名な化粧水や美容液を使っても、洗顔がダメなら、ダメ。なぜなら、汚れやメイク、油分や角質などで、毛穴を塞ぎ、美容成分の浸透を妨げるからです。さらに、新しい肌細胞を作るターンオーバーの乱れが発生し、シミやくすみ、シワの原因を作ります。正し...

「肌断食」や「シンプルスキンケア」といえば、ピンとくる方は多いかもしれませんね。いつも使っているスキンケアラインを一切使用せず、洗顔後、すっぴんのままで過ごすという、実にシンプルな美容法です。これまで色々な化粧品を肌につけていた方にとっては、大胆かつ、恐ろしい行為にも思われるかもしれません。だって、洗顔後、素肌のままで放置するなんて・・・考えただけでも怖いですよね。乾燥、外的要因による刺激等、色々...

ワセリンは多くの皮膚治療薬の基剤に使われている刺激の少ないクリームです。皮脂と近い油分なのですが、肌には浸透せず、表面を覆う形で保湿を行います。だから皮膚科での処方薬で使う理由は薬剤を肌に浸透させ、表面はワセリンで保護するという形を狙っているといってもいいですね。ドラッグストアなどでも気軽に入手できます。ワセリンは驚くほど安く、かなりお得感があります。肌に浸透しないためべたつくので、使い心地に好み...

まず知っておくべきことは、レチノールとは何かということです。レチノールはビタミンAの一種で、人間の体内にもあります。ビタミンAの一種ということもあり、油溶性という性質があって、クリームや美容液に配合されることが多くあります。肌のターンオーバーを正常化させるだけではなく、肌の弾力性を支えるコラーゲンを増やす性質を持っていて、まさしくアンチエイジングのためにある美容成分といってもいいですね。肌をふっく...

肌のお手入れに使用する基礎化粧品を選ぶ際に美容成分で迷うことはありませんか。特にアレルギーがある方にとっては大きな問題ですよね。現在、化粧品の成分表はアレルギーをお持ちの方が原因物質(アレルゲン)を避けて選べるように表示されています。そういう成分を避けて選ぶ際でも頼りになるといえる美容成分があります。それがビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。これらのビタミンは肌にとってありがたい効果を持ってい...

メラニン色素が集中してしまい、さらにメラニン色素の工場であるメラノサイトが暴走している状態がシミです。うっすらとしているだけでも意外と目立ちますよね。だからあきらめる方も多いかもしれません。でもシミが濃くなる前であれば、きちんと美白化粧品で効果は出てくれます。だからあきらめることはないのです。色白の方は日焼けでシミになりやすいといデメリットがあります。シミ予防にはやはり紫外線対策をきちんと行うこと...

縦に、横に刻まれる細かいシワが、次第に相まって皮膚全体が”シュワシュワのよぼよぼ”になるのが「首のちりめんじわ」の特徴。顔の皮膚がピンと張っても、美しくハリのある艶髪でも、首がシュワっとなっていると、「年取っているな!」と思われてしまいます。逆に、50代、60代でも、シワ一つない綺麗な首からデコルテを維持している女性は、すごく若々しく見える、というものです。そこで、加齢とともに増える・目立つ首のち...

エイジングサインの一つ「ちりめんじわ」は、肌表面にできる比較的浅いシワなので、早めにケアすることで、薄く目立たなくする事が出来ます。しかし、そのまま放置すると真皮細胞まで傷つけ、ホームケアではどにもならないことに。そうなるまえに早めの対策でちりめんじわを改善しましょう。【ちりめんじわは「保湿」が一番】目元の乾燥、そして、筋肉のこりや緊張、血行不良が要因となるちりめんじわは、徹底した「保湿」と肌の柔...

page top