アラフィフ 基礎化粧品

美しいアラフィフのなるための豆知識記事一覧

【美容業界で大注目の美容泥「マリンシルト」】マリンシルトとは、海に体積した泥のことで、今、美容業界でも大注目される成分です。海洋動植物が海底に埋没体積し、微生物の働きによって分解、代謝、合成などを繰り返し、作られた海泥のことで、豊富なミネラルが含まれています。髪の毛の16分の1以下ほどのとても細かい微粒子のマリンシルトは、電気を帯び、イオンを発生させているという特徴があります。そのため、人間の肌の...

すごく便利なエアコンですが、それによる代償は、たくさんあります。中でも女性が特に気になるのが、肌の乾燥です。乾燥は、シワやたるみ、ほうれい線やブルドックライン、マリオネットラインといったトラブルの原因なので、エアコンから肌乾燥を守る対策を今すぐ行いましょう。【対策その1・こまめな保湿】こまめな保湿対策は必要ですが、年齢に適した保湿対策でなければ意味がありません。なぜなら、25歳をピークに肌の水分量...

肌が固くなる原因って何だろう?お米を想像してください。炊き上がりのご飯は水分をたっぷりと含んでいるので一粒一粒が弾力やツヤがあってふっくら輝いて見えますよね。炊飯器の中のお米が、見事に立っているので、キメの細かく、びっしりしているのがはっきりと分かります。しかし少しずつ水分が抜けてくるとお米の表面が固くなり、弾力を失い次第に黄色くごつごつした状態になります。すると、お米の表面に隙間が出来てキメは荒...

【1・米ぬかって何?】玄米を精米するときに出てくる薄茶色の粉、これが「米ぬか」です。玄米の表皮と胚芽が含まれていて、玄米の持つ栄養分の9割以上がこの「米ぬか」に含まれているといわれるほど栄養豊富なものなんですよね。しかもそれだけじゃなくって、ビタミンB1が白米の約20倍、食物繊維がほうれん草の10倍、ミネラルも豊富で、実は白米よりも「米ぬか」を食べたほうが栄養が豊富に取れちゃうっという真実が・・・...

【原因1・洗顔、クレンジング】他の部位に比べとても薄い顔の皮膚は、刺激、摩擦に弱く、些細な事でトラブルを引き起こします。中でも毎日最低1回から2回は行う洗顔、クレンジングによる刺激は深刻。間違った方法で何年も何十年も肌にダメージを与えると当然肌はガサガサになります。例えば、入浴中シャワーの湯を直接顔に当てる方、風呂の湯と同じ温度で顔を洗う方、必要以上にゴシゴシと肌を擦る方、洗顔後化粧水だけのスキン...

最近シミが急に増えた・・・。なんだかシミが日に日に濃くなっていく・・・。一週間後の同窓会までなんとか消したい!。と悩んでいませんか?そんなシミには、ピンポイントでケアできる「ハイドロキノン」がおススメ。【ハイドロキノンって何?】一般的な美白成分のおよそ100倍もの美白作用をもつ「ハイドロキノン」は、究極の美白成分「お肌の漂白剤」の異名を持ち、注目されています。あまりにも美白効果が強くいため、以前は...

色白になりたいなら、一つでもシミを増やさないようにするのがポイント。そこで、今回は、おススメのシミ対策を紹介しますので、肌の生まれ変わりの目安1ヶ月から1ヶ月半を目標に続けてみてくださいね。根気強く続けると、1ヵ月後あなたのファンデーションのカラーが、ワントーン明るめになっているかも!【方法1・紫外線対策】色白をキープするには、紫外線対策は基本中の基本です。紫外線は、2月から徐々に増え始め、8月の...

毎朝微妙に仕上がりが異なるメイク。完璧に出来れば、問題はないのですが、どんなに工夫をしても化粧のノリが悪い時ってありますよね。そんな1日は、朝から気分が滅入って、仕事も休みたくなっちゃいますよね。化粧のノリが悪い朝は、メイク崩れも早く、仕事中に何度もトイレに駆け込んでは、化粧をやり直すものの、最終的には、「ファンデーションお化け」のように見るも無残な仕上がりになっている・・・なんて経験ありませんか...

過去の日焼けを後悔している方って、意外と多いですよね。だって、出来てしまったシミって、なかなか厄介ですもんね。シミが1つあるだけで、見た目年齢を大幅に引き上げてしまうし、年齢を気にする女性にとっては、すごく深刻な問題です。だからといって、美白を諦めちゃダメ。過去には戻れませんが、出来てしまったシミには、美白化粧品で十分ケアできます。ただし、各美白成分によって作用が全く異なるので、過去の日焼けが原因...

シミって本当に嫌ですよね。知っていますか?シミが一つあるだけで、なんと実年齢がプラス5歳も上乗せされて見えるんですって・・・。なんだかすごくショックですよね。しかも、一度出来てしまったシミは、もうどうする事もできない・・・なんて諦めていませんか?でも、美白成分の働きを良く知り、上手に活用できれば出来てしまったシミも、これから出来るシミもちゃんとケア出来ますよ。【シミはなぜ出来る?】シミの原因は、メ...

出産前後頬に現れる影。その原因は、女性ホルモンの乱れです。腰痛や肩こり、背中の痛みと同じくらい出産前後の多くの女性を悩ませているトラブルの一つです。【なぜ?女性ホルモンが乱れると頬の影が濃くなるの?】エストロゲンは、女性らしい身体のためには無くてはならない女性ホルモンです。ふっくらとした肌、上向きのバストやヒップ、そして、肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成等に深く関わ...

身近に数多く存在するミネラル。生命維持に欠かす事のできない必須ミネラルは、多くの食品に含まれています。例えば、ミネラルウォーターや海洋深層水、魚介類や納豆にピーナッツ、などがあります。海洋深層水のミネラルは「透輝の滴」などの基礎化粧品のベースにも使われていますよね。健康だけでなく、美肌、アンチエイジング効果も高いと注目される「ミネラル」。でも、具体的に、どのような成分なのか、そして美肌にどのような...

化粧品などに入っているセラミドは、4種類に分かれます【タイプ1・天然セラミド】「ビオセラミド」「セレブロシド」動物の脊髄や脳から抽出。ちなみに、馬から抽出されたセラミドは、存在する7種のセラミドをすべて含有し、浸透性、親和性に優れているのが特徴的。使い続けることで肌内部のセラミド産生量を増加、活性化させる効果も期待できます。しかし、少量では、効果を実感しにくく、十分な量を確保するには、価格が高くな...

一度ついたらなかなか消えないマスクのゴムの後って本当にやっかいですよね。出先に着用したら、帰宅時まで簡単に外せない、って方多いのではないでしょうか。「でも、それって、みんな同じでしょ!」と思ったら大間違い!長時間のマスクでも、全くゴム後がつかない人もいるのですよ。その違いは、一体なんだと思いますか?その原因を知り、早くなんとかしなければ今後深刻な肌トラブルが出現します。ゴム後に心あたりのある方は以...

骨には骨の動きに適したコラーゲンがあるように、美肌には、真皮細胞の構造に必要なコラーゲンが存在し、それぞれで役割、効能、働き方が異なります。逆に、骨に適したコラーゲンを美肌維持目的で大量に取り入れても、全く意味が無い、という事。現在、確認されているコラーゲンの数は、30種以上。「コラーゲンの効果を実感できない」「飲んでも意味が無い」と感じている方は、本来の目的に適したコラーゲンを摂取できてないのが...

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種で脂溶性の赤い色素が「リコピン」。食品では、トマト(ミニトマト)が圧倒的に多く、可食部分100g中8.1mg含有。次いで、スイカのやグレープフルーツの3.2mg、柿、ピーマンやナス、パパイヤにさくらんぼなどに含まれています。ちなみに西洋では、トマトを「医者要らず」と呼ぶほど優れた栄養や効能があることでも有名ですが、中でも注目すべきが「リコピン」なんです。医者を...

アスタキサンチンの持つ「抗酸化力」は、カロテノイドの中でも群を抜いていることから、美容業界で今最も注目されています。たるみやシワ、くすみやほうれい線などの年齢肌トラブルを抱える女性にとって「抗酸化力」は、なくてはならない成分。だれにでも訪れ、避けては通れない加齢・・・ですが、アスタキサンチンを上手に取り入れれば、加齢にストップをかけることは不可能ではありませんよ。【ビタミンEの約1000倍、βカロ...

毛穴やシミ、くすみがなく、つるつるの卵肌を保つには「ターンオーバーの正常化」が必要です。ターンオーバーという言葉はくらいは知っていますよね?ターンオーバーが乱れると?卵肌キープに必要な「ターンオーバー」とは、肌の生まれか変わりのことです。4つの層から構成される肌は、新しい細胞が基底層で誕生し、肌表面に押し上げられ、新しい細胞が肌表面に出現するという構造になっています。そのとき、古い細胞は垢となって...

最近ノーファンデを好む人って多くなっていますね。女性だけでなく、「自分の彼女には出来ればすっぴん美人でいてほしい」なんて、希望する男性も増えているとか。ファンデーションには、シミやシワ、たるみなどを一瞬にしてカバーできるだけの魔法があります。しかし、毎日使い続けることは、肌へのストレスが強く、さまざまなトラブルの原因になってしまうのも問題。でもノーファンデといっても、化粧品やUVケアを全くしない、...

【アトピー性皮膚炎って?】ギリシャ語で「奇妙な」「不思議な」という意味を持つ「アトピー」。つまり、医学の進化が目覚しい現段階でも、アトピー性皮膚炎の”これ”といった原因は、究明されていないのが現状なんです。ただ、肌が外的刺激等にすごく敏感に反応する「敏感肌」である事は間違いありません。症状も個々によって異なりますが、主な症状としては、乾燥によるかゆみ、赤み、皮膚がボロボロと落ちる、引っかき傷で化膿...

汗がダラダラと流れ落ちる「夏」は、脂で肌は常にベタついて嫌だ・・・そんなイメージがありませんか?しかし、意外かもしれませんが、夏でも肌は、乾燥します。いや、夏こそ保湿に十分気をつけなければならない程、肌が乾燥します。肌のベタつきやニキビ、くすみにシワ、たるみ等の肌トラブルに悩まされている方は、間違った夏のスキンケアが原因と考えられます。今回は、その原因と対策を紹介します。ところで肌が乾燥するとなぜ...

同年齢よりもいつも年上に見られてしまう・・・。1歳でもいいから若く見られたい・・・。そんな悩みを抱えている方って、とても多いですよね。年齢相応ならまだしも、1歳でも老けて見られると、かなりのショックを受けるものです。いろいろな努力をしている”つもり”なのに、なぜ、ここまで見た目の印象に差が生じてしまうのか、と頭を抱えている方も多いでしょう。そこで、今回は、実年齢より老けて見られる方と、若く見られる...

肌が弱い方の多くは、乾燥による肌のバリア機能が損なわれていると考えられます。バリア機能の低下は、外的要因から肌を守る事ができず、刺激によるトラブルを受けやすい状態にあるのです。そのため、化粧水がピリピリとしみたり、髪の毛が肌に少し触れるだけでも、かゆみやかぶれなどを引き起こしたりと、さまざまな炎症を引き起こします。中には、化粧品に含まれているアルコールや合成香料、合成着色料などの添加物で、深刻な肌...

肌の生まれ変わりの事のことターンオーバーといいます。肌が多少傷ついていも、1ヶ月、2ヶ月そこらで、元通りの綺麗な肌に戻りますよね。子供なら、きっと数日足らずで、つるつるの肌に戻っているはず・・・。それは、ターンオーバーが成せる技なんです。肌は、基底層と呼ばれるもっとも奥深い場所で生まれます。生まれたばかりの肌は、セラミドなどを蓄えながら、肌を構成する3つの層を押し上げ、肌の表面近くに姿を現します。...

人間の身体には、不調を整える機能が備わっています。疲れた身体を整える「疲労回復」、紫外線やホコリ、メイク汚れで傷ついた肌を修復する「肌再生」等がありまが、その機能が発揮されるのが「睡眠中」です。特に、肌の修復機能は、睡眠中こそが、最大限のパワーが引き出される時なので、年齢肌などのトラブルに打ち勝つには、「睡眠」という環境を万全に整える必要があります。寝ている間に若返るって本当?肌の奥深いところで誕...

年齢に負けず、元気でつやつやの肌を手に入れるエイジングケアの方法は、3つ。とはいえ、決して難しいことでも、特別な事でもありません。つやつや美肌をキープするのは、実は、意外と簡単でシンプルな事なんですよ。ただ、継続できなければ意味がありません。なので、今日から早速、無理のない範囲で楽しく続けられるように努力してくださいね。方法その1・正しいスキンケアつやつやの肌を失ってしまう原因、それは、間違ったス...

ドキッとするのは、手指で年齢がわかるという話です。首よりも手指のほうが実は年齢は出やすい理由は常に使っているパーツだからです。しかも顔や首は紫外線対策をしていても、手指は怠りがち。それでは衰えていきます。確かに良く働いた手は美しいのですが、爪から手、指先まで若々しさを保ちたいですよね。ネイルカラーもガサガサに荒れている手では哀しくなります。だからハンド&ネイルケアも気を配りましょう。ネイルカラーを...

知っておくべきことはエステが自分ではお手入れしきれない、難しい肌のお手入れをしてくれる場所です。心地いいマッサージやゴマージュ、丁寧に行われるパックは基本的に肌のコンディションを好ましく整えてくれる施術です。よく宣伝されている脱毛に関してもエステは自己処理が楽になるように整えることが目的になっています。本当にリラックスしながら、肌を好ましい状態にしてもらう意味を考えておけば、高級な化粧品を惜しみな...

敏感肌の方は肌が乾燥しています。敏感気味でも皮脂が多く出過ぎる…という方も実は肌が乾燥しているのです。水分不足で肌のバリア機能が弱っているから皮脂で必死に守ろうと働き、結果的に刺激に弱いまま、皮脂が増えるのです。皮脂も水分も不足している敏感肌の方も多いですよね。水分も皮脂も少ないため、肌を守りにくいから敏感肌になってしまうのです。刺激に弱く、トラブルを起こしやすい、どちらの敏感肌も肌のバリア機能の...

【主な原因は「乾燥」目元に年齢を刻む「ちりめんじわ」】ちじめんじわは、肌表面の角質層内部の水分が不足することで、発生。水分を失った肌は、柔軟性が失われ、表情がもとにもどらなくなることで「シワ」として定着するのです。特に、笑ったり、不機嫌になったりと感情の変化にともない現れる目元に「ちりめんじわ」はできやすくなります。さらに、目元の皮膚は、他の部位よりも薄いことから乾燥しやすく、年齢に限らず10代、...

最近、実年齢よりも10歳以上若くみられる40歳以上の「美魔女」が世間を賑わせています。「この人が43歳なんて・・・」「この人が2児の母だなんて・・・信じられない」いつまでも変わらない美しさを手軽に維持する、美魔女の綺麗の秘訣に迫ります。

page top